自然食研は、食材そのものの良さをひき出した健康食品をご提供しております。

文字サイズ
標準
拡大

食養生の知恵を今の形に - 自然食研

はじめてのご注文の方

0120-443-012

その他のお問い合わせ

0120-443-222

受付時間 / 9:00~21:00(土日・祝日も承ります)

メールでお問い合わせ

お問い合わせ

ようこそ ゲスト 様

商品数
合計

カートを見る

しじみのこだわり ~食養生の知恵をいまのかたちに~ しじみの栄養

なぜしじみは身体に良いと言われていたのか。それはしじみの栄養バランスにありました。

しじみの栄養評価 しじみが持っている嬉しい働きをご紹介します

お酒を飲む人に嬉しい働き

お酒はタンパク質をとりながら飲むと良いと言われています。なかでもオルニチン・アラニン・グルタミンといったアミノ酸成分が、お酒を飲む時に大切な働きをしてくれます。
また、しじみにはグリコーゲンも多く、お酒を飲んだ翌朝に嬉しい働きをすると言われています。
さらに注目したいのが、メチオニンで脂物を食べた時に大切な働きをしてくれる成分も、しじみには入っています。

女性の身体に大切な栄養成分も豊富

毎日の健康な生活に必要なビタミンB群の中でも、身体の成長に欠かせないB2や、赤いビタミンと呼ばれているB12が豊富に含まれています。
そして、女性に不足しがちなカルシウムと鉄、そして鉄と一緒にとりたい亜鉛や銅も含まれています。
また、エイジングケアの分野で評価されているビタミンEやカロチンなども入っており、これらの栄養成分は健康面だけではなく美容面の働きにも注目されています。

※年齢に応じた栄養面のケアのこと

昔の人たちはしじみが身体によいと知っていました

昔はしじみ汁といえば、滋養食だったのです。
夏を元気に乗り切るため、土用の丑の日にウナギを食べる習慣と同じように、昔の人は調子が狂いがちな夏に、栄養価が高く旨味成分も多いしじみ汁を飲んで体力を養ってきたのです。

今の時代にこそ、しじみを取り入れてほしい

飲酒、運動不足、高カロリー。
そしてストレス、頭脳労働、乱れた食生活、食品添加物、化学物質。
若い人の生活習慣の乱れの原因にもなっており、現代の私たちの生活は何かと身体に負担がかかりがちです。
生活習慣に自信がない方にこそ、昔の人の知恵を参考に、身体を労る力が豊富に含まれているしじみを生活に取り入れてほしいです。

キャンペーンコードからのご購入

お届けしているチラシに書かれている「キャンペーンコード」を入力後、「お得な情報を見る」ボタンをクリックするだけで、簡単にお得情報をご確認・ご購入いただけます。

※半角英数字でご入力ください。

お得な情報を見る

PAGE TOP

PAGE TOP